ブログ

少年マンガ「ハンター×ハンター」より

こんにちは。AIDUTI屋の遠山将です。

今日は僕の好きなセリフを紹介したいと思います。週刊少年ジャンプのマンガから、ハンター×ハンターの一場面です。
とても人気のあるマンガなので、中身についての考察は他のサイトに任せるとして。僕の好きなセリフは冒頭にあります。

ハンターになるために、ハンター試験を受けるための試験会場に向かう主人公のゴンは、その道中、同じく試験会場に向かうクラピカとレオリオと出会います。しかし、あるきっかけによりお互いの怒りを買ったクラピカとレオリオは闘いを始めてしまいます。
周囲は動揺し、二人を止めようとしますが、ゴンは動くことなく静観しこう言います。

「その人を知りたければその人が何に対して怒りを感じるかを知れ。
ミトおばさんが教えてくれた俺の好きな言葉なんだ」

僕も好きです。ミトおばさん。

仕事をしていたり、複数人の人付き合いをしていれば、揉め事はどうしても起きます。あいつが気に入らない。から始まるいざこざは、子供も大人も等しく起きるので仕方ありません。
僕は学生の時、そんないざこざを見ては「早く大人になりたい。大人になればこんな子供じみたくだらないいざこざなんて起こらないんだろうな。だから早く大人の社会の中に入りたい」と思っていましたが、残念ながら大人になってからの方が多い(笑)

この人は、どうしてこんなに怒っているのだろう。同じことが目の前に起きたとしても、軽く流せる人もいれば、猛烈に怒り狂う人もいます。それは流せるけど、これは流せないんだ。というような、不思議な線引きがあるんでしょうね。

こういう理屈で怒っているのであれば、それはそれとしてわからなくはない。(まったく共感はできないけれど)
あなたにとってはそれがとても大事で、ないがしろにされたと感じたのであれば、そんな反応になるよね。(なぜそれが大事なのかは全然わからないけれど)

と思えると、気持ちに余裕が出ますね。いずれにせよやや迷惑ではあるかもしれませんが。

常に怒っている人もたまにいますが(笑)僕はどちらかというと、「怒り」の感情や感覚には疎い方です。 僕は最近何に怒っただろうか。

みなさんは、最近怒りを感じること、ありましたか??