ブログ

映画「マイ・インターン」より

こんにちは。AIDUTI屋の遠山将です。

今日は先日テレビで放送された2015年公開の映画「マイ・インターン」からです。
アン・ハサウェイと、ロバート・デ・ニーロのダブル主演の映画です。

アン・ハサウェイ演じるファッション通販サイト会社の若手女社長ジュールズは、短期間で会社を拡大し公私ともに順調。そんなときにシニアインターン制度で採用されたロバート・デ・ニーロ演じる70歳の老人ベンが、ジュールズの部下として配属されます。若者ばかりの会社の中で浮いた存在となっていたベンだったが、彼の人柄に魅了され社内の人気者に。またジュールズも次第にベンを受け入れ、難題に立ち向かっていくストーリーです。

映画の講評に関しては、女性の働き方や上司部下の関係、高齢者の社会復帰など観点は様々ありますがそれは他に任せるとして。
僕はこの映画でいいなと思ったところは、妻に先立たれ、仕事をまっとうし、やりたいと思っていたこともやりつくしたベンが、虚無感を埋めるために社会に戻り、生き生きと活力を取り戻していく姿がとてもよかったです。
かつては部長職として働いていながら傲慢な様子はみじんも感じず、控えめで低姿勢、それでいて紳士的で、世代の違う文化を楽しむオチャメさもある。

できすぎか!!

ってくらいにベンの人柄がいい。
厳しいことも、大変なこともあるだろうけれど、ジュールズもベンも、「働く楽しさ」のようなものが前面に伝わってくるのがまたいい。特にベンはよくあるテレビドラマのように「辛いこともみんなで乗り越えて、私、頑張ってます!!仕事って楽しい!!大変だけどとっても充実してるわ!!」というような押しつけがましさもなく、1つ1つは地味だけれども、周囲を見てできること、やれること、手が届いていないことなどをひっそりとやり、やれることがある。役割がある。ということに楽しさと喜びを見出している姿がとても気持ちがよかったです。

ジュールズは社長という立場上なかなか自身の気持ちを周りに言うことができずにいましたが、ベンが要所要所でそばにいるため、不満や苛立ち、悩みや心配事を話すようになります。そして、行動を起こすために活を入れ、行動を起こした後に待っていてくれる人がいるという安心感を得ました。
ベンも受け答えはしますが、指示的なアドバイスをジュールズにすることはありませんでした。いったん立ち止まって冷静になり、再考の機会を与えること。ベンの良さはそこにあったと思います。

なんとなくですが、僕が始めたAIDUTI屋も、誰かにとってのベンのような機能を果たしたい。ベンの人との関わり方が自分の叶えたい姿と重なっているなと、映画を見ていて思いました。

「プラダを着た悪魔」も好きでしたが、「マイ・インターン」も満足。単純にアン・ハサウェイが好きというのもある(笑)