ブログ

映画「ラ・ラ・ランド」より

こんにちは。AIDUTI屋の遠山将です。

今日の書き出しは2016年に公開された映画「ラ・ラ・ランド」からです。

俳優志望である女優の卵ミアと、ジャズピアニストの男性セブとの恋愛ミュージカル映画です。ご存じの方も多いと思います。

映画の講評については他のサイトに任せるとして、コミュニケーションや人間関係の面からとても印象的だったシーンを紹介します。

紆余曲折を経て二人は恋人関係になり月日をすごすのですが、ある時大きなケンカをします。
売れないジャズピアニストだったセブは、古き良きジャズを愛でる自分の店を持つ夢を抱きつつも、開店資金を貯めるため、またミアとの安定した生活を送るために旧友から誘われたバンドに参加することに。

しかし、そのバンドの音楽性とセブが好む音楽との方向性はまるで違うため、ミアは違和感を覚えます。

バンドは大成功し、各地をツアーで飛び回る生活になったセブは、久々に家に帰りミアを驚かせようと豪華な料理を振る舞おうと準備をしていたのですが、そこで二人は大きくすれ違います。
ミアは自主公演となる一人舞台の準備が大詰めで、また支えとなるセブがツアーで会えないこともあり心細さと不満を感じていました。

セブもまた、ミアと過ごす時間を増やしたい故に、ツアーに同行してほしいとお願いしますが、公演もあるためミアは断ります。

ミアはセブに、音楽性の違うバンドにいていいのか?と問い詰めます。古き良きジャズを愛でる店を作りたかったんじゃないのかと。
それに対してセブは、ミアとの生活を守るために一番現実的だと思えるこの道を選んでいるのに、なぜそんなことを言うのかと憤ります。
しかしミアは、セブに夢を諦めて欲しくないし、必ず叶うと私は信じていると主張します。

二人のすれ違いは収まらず、ミアは家を飛び出してしまう。

というシーンでした。

このシーンが終わった瞬間に、僕はどっと溜め息をつきました。

人間関係やコミュニケーションの難しいところは、どちらの側に立つかで見方や善悪が変わってしまうところです。どちらかの味方になることもできますし、どちらかを責めることもできます。

今回僕がこのシーンを選んだのは、お互いがお互いのことを思ってやった言動のはずなのに、結果的に傷つけあうことになってしまったという、居たたまれなさの極みだと感じたからです。

日常生活でもよくあることかと思います。
相手のためを思った言動が、予期しない形に着地をすることが。
こんなことを望んでいたはずではなかったのに。

楽しい時間を過ごすはずだったのに。

客観的に見れば状況がわかるのに、当事者になってしまうと冷静になるのはなかなか難しいですよね。丁寧な話し合いと擦り合わせが必要なシチュエーションですが、何をどう話せば丁寧になり、どう擦り合わせていくかは技が必要です。

AIDUTI屋で話される内容も、この手の話になることも多く、クールダウンしてみなさん帰られていきます。
ミアもセブもケンカをしたかったわけではないはず。

会えて嬉しくて、楽しい食事が始まるはずだった。この最初の気持ちを思い出して。と、変に感情移入してしまうシーンでした。

こんな悲しいことが起きませんように。
起きても修復できますように。
一生懸命AIDUTI屋が相槌打ちます。