裏・AIDUTI屋

支援者にこそ支援を

相談支援の従事者は、時にケースに行き詰まり孤軍奮闘の消耗戦に陥りがちです。また支援現場では「組織としてのミッション」「支援員個人の想い」「対象者のニーズ」のバランスを取ることが難しく客観性を失うこともあると思います。
1人の支援者として、その組織の中で、その対象者に、何を、どこまでできるのか、やれるのか、向き合えば向き合うほど難しく、迷いも深まる場面を多く目にしてきました。

AIDUTI屋では、そんな「支援者にこそ支援を」をもう1つの主軸として活動しています。

担当はキャリアコンサルタントとして高校・大学などの教育機関、行政機関、民間の人材会社など様々な現場を経験。若者支援の事業現場における管理職としてチームマネジメント、ケースマネージャー、キャリアカウンセリングの面談におけるスーパーバイザーに従事。また、中学生の学習支援において教育相談にも携わる。学習障害や発達障害、グレーゾーンの方の対応に強みを持っています。

支援者の方にケースを抱え込ませない。支援者の方を疲弊させない。
支援者の方のための外部の相談者としても、ぜひAIDUTI屋をご利用ください。

相談事例

  • ケース検討 主に学生、若年層世代
  • ケースの進め方、進捗管理
  • キャリアカウンセリングのスーパーバイズ
  • グレーゾーン、発達障害の方に対する対応、見立てについて
  • 長期ブランクを持つ方への自立に関して

 

ご挨拶はこちら